14連敗中 苦境続く ケネディ、起爆剤となるか 千葉ジェッツ

  • LINEで送る

 なかなかトンネルから抜け出せない。バスケットボール男子の国内トップリーグ、NBLの千葉は24日のトヨタ自動車東京戦も69-83で敗れ、連敗が「14」に伸びた。厳しい状況が続くが、新外国人選手も迎え、光が見える瞬間を必死に目指している。

 開幕4連勝後、勝ちがない。東地区最少の得点力が一つの要因になっているが、レジー・ゲーリー監督は「徐々に得点は上がってきている」と好感触を口にする。絶対的な存在はおらず「アップテンポの、コートを広く使った攻撃」が目指すスタイル。“いい時間帯”をつくることもできているので、細かいミスの修正やプレーの精度の向上が課題だ。