加入1年目で主将就任 統率力発揮し改革へ 鈴木大輔 ジェフ千葉

千葉の新主将に就任したDF鈴木大輔(J2千葉提供)
千葉の新主将に就任したDF鈴木大輔(J2千葉提供)

 ジェフ千葉はオフに浦和から完全移籍したDF鈴木大輔が今季の主将を務める。尹晶煥監督が直々にオファーし、快諾したという。ロンドン五輪日本代表など豊富な経験を持つ31歳が低迷続く千葉の改革に挑む。

 石川・星稜高を経て新潟へ加入。2012年のロンドン五輪ではセンターバックで全6試合に出場し、4強進出に貢献。柏やスペインのクラブでもプレーした。「後ろから全体を見て周りを動かすことには自信がある」と統率力が期待される。

 新しい挑戦としてJ2へ移籍を決断。背番号4はMF田口が付けていたため、ロンドン五輪と同じ13に決まった。昇格経験がない千葉はJ2で12年目。過去のどんな荒療治でも立て直せていない。「自分が入って大きく変わるわけではないが、選手が持っているものを最大限に出せれば。日々の積み重ねが大事になる」と展望する。

 キャンプ中の取材で2度「昇格できると思っている」と繰り返した。千葉は尹監督が就任した昨季は失点数こそ減少したものの14位。逆転勝ちやホーム勝利が遠かった。精神面の強化を促すためにも、ピッチ内外で仕事は多いだろう。



  • LINEで送る