手応えも決定力に課題 ちばぎんカップ

  • LINEで送る

 敗れはしたが、今季から就任した木山監督は「手応えは感じた試合だった」と話した。シュート数でも1本上回り、決定的なゴールチャンスは千葉の方が多かった。

 前半は完全に千葉のペース。前へ前へと高い位置で出足鋭くボールを奪いにいき中盤を支配した。坂本と武田のサイドバック(SB)も駆け上がって積極的に攻撃に参加し、中央ではパスをつないでMF陣の複数が連動して好機をつくった。

 ロングボールを蹴り込むのではなく、ボールを動かす攻撃スタイルを今季は追求している。失点場面も「つなごうとした結果、ミスになってしまった。相手が来ているとか状況を把握しないといけない」と左SBの武田は振り返った。