6発今季初白星 ジェフ千葉

  • LINEで送る

千葉-讃岐 後半19分、2点目を奪い喜ぶ千葉・清武(左)=フクアリ
千葉-讃岐 後半19分、2点目を奪い喜ぶ千葉・清武(左)=フクアリ

 明治安田J2第5節(21日・フクダ電子アリーナほか=11試合)千葉は讃岐に6-1で圧勝し、今季初白星を手にした。勝ち点は4。前半に高木が移籍後初得点となる先制ゴールを決めると、後半は5得点した。

 岡山は京都を1-0で下し、1位に浮上。水戸は大分に今季初黒星を喫し、首位から転落した。愛媛は今季初勝利。

千葉 6 1-0 1 讃岐
     5-1
▽得点者
【千】高木(1)、清武(2)、船山(1)、茶島(2)、ラリベイ(PK)(2)、山本(1)
【讃】我那覇(1)
▽観衆6152人

 【評】千葉が圧勝した。前半19分に高木がヘディングシュートを決めて先制。1-0で迎えた後半には清武、船山のゴールなどで突き放すと、最後は43分に山本が6点目を決めた。讃岐は試合終了間際に我那覇のゴールで一矢報いた。