攻守に課題、修正急ぐ ジェフ千葉 ちばぎんカップ

  • LINEで送る

後半、千葉の矢田(右)が柏・江坂と競り合う
後半、千葉の矢田(右)が柏・江坂と競り合う

 開幕前のプレシーズンマッチとはいえ、千葉は本拠地で4失点と醜態をさらしてしまった。13本のシュートで応戦したが、ゴールは終盤に指宿が押し込んだ1点のみ。決定力を欠いた攻撃面でも、反省は多い。

 高くラインを保ち、激しいプレスでボールを奪う特殊戦術は健在で、前半は格上相手に押し気味だった。

 しかし後半開始1分。素早いFKのリスタートから先制された。主審のプレー停止指示なども含め微妙な判定となり、監督は「立ち上がりは審判も目を覚まして入ってほしい」と苦言を呈したが、これを皮切りに崩れた。「練習していない」3バックシステムも試したが、不発に終わった。

 2日前まで沖縄キャンプを行った。すでに公式戦を経験した相手との仕上がり具合に差もあるが、「後半もやりたいサッカーをできるようにしないと」と山本。町田は左右にボールを散らし攻撃の起点となったが、「決めきれなかったこととか、粘り強さも修正したい」と声を落とした。

 新戦力の茶島らが果敢に攻撃を仕掛けるなど、「意味のある試合だった」と監督。ゼロではない収穫を希望にしながらも、山積みとなった課題の解決を急ぎたい。