残り2節、PO圏懸ける 勝利以外はより厳しく あす11日敵地で名古屋戦 ジェフ千葉

  • 0
  • LINEで送る

11日の名古屋戦に向け調整する佐藤勇(中央)ら千葉イレブン=ユナイテッドパーク

 サッカーJ2は残り2試合となった。勝ち点62で9位の千葉は、3~6位で争うJ1昇格プレーオフ(PO)進出の可能性をわずかに残している。MF佐藤勇は前節終了後、「守備のハードワークを続け、望みをつなげたい」と訴えた。

 リーグは既に上位4チームの顔ぶれが確定。千葉はPO出場権が与えられる5、6位の2枠を目指し、勝ち点65~61でひしめく5チームと争う。

 千葉は現在5連勝中。波に乗るが得失点差では他チームに差をつけられており、連勝を続けない限り昇格圏浮上は厳しい。11日の41節名古屋戦で勝利すれば、争いは最終節横浜C戦に持ち越しに。引き分けの場合は松本、徳島、東京Vのいずれか2チーム以上が勝利した時点で来季9年目となるJ2が確定。敗北ではより順位浮上が難しくなる。

 3位名古屋は2位長崎を勝ち点2差で追い、自動昇格圏進出を狙っている。千葉のエスナイデル監督は9日の公開練習後、「我々にも(昇格圏への)チャンスがある。選手にはこの状況を楽しんでもらいたい」と敵地での一戦へ意気込んだ。

 前節で左ひざ付近を負傷のDF乾は、同日中に「手術を受けた」と指揮官が説明し欠場が濃厚。名古屋から期限付き移籍中のMF矢田も規定により出場不可となる。監督は「アンドリュー(熊谷)が入るので問題ない。互いに攻撃をするチームなので、良い試合になると確約する」と話した。