降格後初、4連敗 ジェフ千葉

J2第37節  鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム 観衆3946人
徳島 VS 千葉
1 1 前半 0 0
0 後半 0

▽得点者 【徳】佐藤(4)

 明治安田J2第37節最終日(23日・鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムほか=9試合)千葉は徳島に0-1で敗れ、2010年に降格したJ2では初の4連敗となった。勝ち点を45から伸ばせず、順位は12位に後退した。6位京都は水戸と1-1で引き分け、同60に伸ばした。

 次節で千葉が引き分け以下に終わる、または京都が引き分け以上となれば、千葉の来季J2以下が確定する。

 2位松本は愛媛と引き分け、勝ち点を首位札幌と6差の72とした。清水は北九州に勝って同69とし、山形と引き分けたC大阪に代わって3位に浮上した。


戦評

  千葉が4連敗。DF岡野らが今季初先発したが、前半19分にこぼれ球を押し込まれ失点した。42分に井出を投入、後半は多々良中心のサイド攻撃を続けるも不発。3試合連続無得点となった。徳島は守備陣の枚数を増やし逃げ切った。


  • LINEで送る