2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

ホーム最終戦飾れず ジェフ千葉レディース

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ第17節第1日は15日、フクダ電子アリーナなどで2試合が行われ、千葉は0-1で浦和に敗れ、ホーム最終戦を白星で飾れなかった。

 最終節は23日に行われ、千葉は三重県の上野運動公園競技場で伊賀と対戦する。

浦 和10-00千葉
(19)1-0(20)
▽得点者【浦】長船

◆皇后杯の奮闘誓う

 千葉はこの日の黒星で10チーム中6位以下が決定した。試合後のホーム最終戦セレモニー。三上監督は「苦しいシーズンだが、一つ一つやれることを増やしながら進んでいる」とあいさつした。

 第2節から3試合連続で3失点を喫するなど、監督は「前半うまく波に乗れなかった」。それでも、ここまでリーグ17試合で総失点数は22。単に相手を追うのではなく、複数で相手を挟んでボールを奪うなど改善を図り「試合を重ねるごとに良くなってきた。ボールを奪取できる回数が増えた」と一定の評価を示す。

 一方で、総得点数は19にとどまる。この日も下位の浦和にボールを保持された。課題のセットプレーの流れから先制を許すと、不発のまま試合終了。桜本主将は「ボール(保持)を大事にするのはシーズン通しての課題。いま改善している途中」と打ち明ける。

 リーグ戦は残り1試合だが、今月末からは皇后杯が始まる。決勝の舞台はホームにするフクダ電子アリーナ。三上監督は「ここに戻って来られるように」とサポーターに奮闘を約束した。



  • LINEで送る