29日、敵地で水戸戦 関塚監督「パワー出る布陣で」 ジェフ千葉

 J2千葉は29日、敵地で水戸との対戦を迎える。イレブンは26日、ユナイテッドパークで攻撃面を中心に調整した。前節で敗れ、関塚監督は「ボールを奪った後の精度が課題」と指摘。「全員でサポートしながら勝ちきりたい」と決意を新たにした。

 水戸は勝ち点8で16位。開幕5試合で未勝利と出遅れたが、4月に入り2勝。前節は3-0で東京Vを下しており、勢いは増しつつある。ただ、千葉とは通算3勝1分8敗と大きく負け越しており、昨季も1分1敗に終わっている。

 千葉は前節、山口に今季ワーストの4失点で敗戦。勝ち点を14から伸ばせず、10位に転落した。敵地では2連敗となり、MFアランダも負傷離脱と懸念材料は多い。

 逆風を跳ね返すキーマンは、昨季まで2シーズン所属し古巣との対戦に燃えるFW吉田だ。前節では開幕戦以来のゴールを決め、調子を上げている。

 9日間で3試合を行う連戦の初陣となる。過密日程を強いられるが、関塚監督は「パワーの出る布陣で、自分たちの良さをいかに出せるか」と意気込んだ。



  • LINEで送る