INACが首位ターン なでしこリーグ

  • LINEで送る

INAC神戸-千葉 前半、ゴールを決めるINAC神戸・甲斐(中央)=ノエスタ(共同)
INAC神戸-千葉 前半、ゴールを決めるINAC神戸・甲斐(中央)=ノエスタ(共同)

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ、レギュラーシリーズは17日、女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会による中断前最後の第9節(5試合)が神戸市のノエビアスタジアムなどで行われ、INAC神戸は千葉に4-3で逆転勝ちし、勝ち点24の首位でシリーズ後半に折り返した。初黒星の千葉は同16で4位。

 INAC神戸は2点を先行されたが、増矢が同点と勝ち越しのゴールを奪った。日テレは女子W杯代表の阪口が2得点し、伊賀を2-0で下して勝ち点1差の2位。岡山湯郷に6-1で大勝した仙台が勝ち点18の3位に浮上した。第10節は7月12日に行われる。

 ▽第9節
INAC神戸 4 1-2 3 千葉
  (24)    3-1 (16)
▽得点者【I】甲斐、増矢2、京川【千】筏井2、菅沢