千葉、大阪高槻に快勝 なでしこリーグ

  • LINEで送る

後半45分、2ゴール目を挙げ喜ぶ菅沢(9)=東金アリーナ
後半45分、2ゴール目を挙げ喜ぶ菅沢(9)=東金アリーナ

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ、レギュラーシリーズ第4節第1日は18日、東金アリーナ陸上競技場で行われ、千葉が大阪高槻に2-0で快勝し、勝ち点を8に伸ばした。菅沢が2得点した。大阪高槻は開幕4連敗。

 ▽第4節
千 葉20-00大阪高槻
(8) 2-0(0)
▽得点者【千】菅沢2(PK1)

◆菅沢の2発で決める
 前半、千葉はボールを支配しながら5バックで固めた大阪高槻の守備陣に手こずった。「調子の上がってきた2人を出して攻撃の引き出しを増やそう」と三上監督が動く。40分にFW鴨川、後半にはMF安斎も投入し、サイドを起点に攻撃の流れを作った。

 前線でボールが回り始め、ゴールを脅かす機会が増え出すと18分、PKを獲得し、菅沢が冷静に右足で先制点を決めた。菅沢は後半45分にも、ドリブルで駆け上がりネットを揺らした。「もう少し早めに決めたかった」と苦笑いしたが、2試合連続のゴールに満足感を見せた。

 今季早くも4点目を挙げた菅沢。チームへの貢献はもちろん、6月開幕の女子ワールドカップに向け、「メンバーに選ばれるためにも、リーグで結果を残していきたい」とさらなる飛躍を誓った。