2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

快勝で首位奪還 ジェフ千葉

J2第7節  フクダ電子アリーナ 観衆11580人
千葉 VS 大宮
2 0 前半 0 0
2 後半 0

▽得点者 【千】井出2(3)

後半32分、先制点を決め、仲間に祝福される井出(26)=フクアリ
後半32分、先制点を決め、仲間に祝福される井出(26)=フクアリ

 明治安田J2第7節(11日・フクダ電子アリーナほか=11試合)千葉が大宮を2-0で下し、勝ち点17で首位に返り咲いた。前節首位の磐田は岡山と1-1で引き分け、勝ち点16で2位に後退。3位の長崎は京都を4-1で退けた。

◆2発で喜び爆発 井出
 開幕戦以来のゴールを決め、仲間にもみくちゃにされる中、MF井出は人さし指を天に突き刺した。続けて2点目を決めた後は、コーナーまで走って滑り込んだ。

 喜びを爆発させた21歳だったが、ここ数試合は苦しんでいた。「ボールを持っても仕掛けられず、なかなかシュートまで持ち込めない」。連勝が続くチームの裏で嘆いていた。

 関塚監督の助言があった。「相手のポジションを意識して飛び出せ」。視界が開けた。「どの試合でもしっかりした動きをしたい」。思いを胸に練習を続けた。

 激しい攻防が続き、0-0で迎えた後半32分、途中出場のMF田中からの早いパスの軌道を変え、ネットを揺らした。その3分後には、自ら中央にドリブルで切り込み、右足で豪快なシュートを放った。

 首位奪還を目指した一戦の中で輝き、井出は悩みを吹き飛ばした。「できてなかったことがようやくできて、今日はよかった」。満点の笑顔を見せ、今季負け無しのチームを、さらに勢いづけた。


戦評

  千葉が連勝で勝ち点を17に伸ばし、首位を奪還。無得点で迎えた後半32分、佐藤勇の早いクロスに井出が右足を当て先制点。3分後には井出が2点目のゴール決めた。


  • LINEで送る