最下位に痛恨ドロー

J2第31節  フクダ電子アリーナ 観衆10065人
千葉 VS 岐阜
1 1 前半 0 1
0 後半 1

▽得点者 【千】山口智(6) 【岐】益山(2)

 J2第31節(25日・フクダ電子アリーナほか=10試合)千葉は岐阜と1-1で引き分け4戦白星が無く勝ち点52で4位に後退。

 首位のG大阪は横浜FCと2-2で引き分け、2位の神戸が4-0と福岡に快勝したため、勝ち点差は7から5に縮まった。長崎は鳥取を3-0で退け、勝ち点53で3位に浮上した。

 熊本-北九州は後半途中に雷のため中断され、そのまま中止となった。

◆森本が出場
 セリエAのカターニアから千葉に新加入した元日本代表FW森本が、7年ぶりにJリーグの舞台に立った。コンディションの問題で後半34分から出場。前線で起点となり、守備でも献身的に動いた。


戦評

  千葉は追い付かれ、引き分けた。前半2分にFKを山口智が右足で合わせて先制。ボールは回せたが、パスなどの精度を欠き、追加点を奪えなかった。ケンペスが決定機を外したのも痛かった。岐阜は益山が同点ゴール。


  • LINEで送る