大塚決めた 連勝

J2第21節  フクダ電子アリーナ 観衆11425人
千葉 VS 東京V
2 1 前半 1 1
1 後半 0

▽得点者 【千】南昇佑(1)、大塚(1) 【V】安田(1)

 J2第21節(29日・フクダ電子アリーナほか=11試合)千葉は2-1で東京Vを下し連勝。G大阪は徳島を2-0で破り、勝ち点46の首位で前半戦を折り返した。2位神戸は熊本に2-1で競り勝って同44。長崎は福岡と0-0で引き分け、同36で3位を守った。4位京都は栃木と2-2で引き分けた。

◆「勇気持って」走り込む
 1-1の後半35分。谷沢のスルーパスに抜け出した田中の左からのシュートは相手GKにはじかれた。だが、大塚が大外から走り込んでいた。こぼれ球を右足で蹴り込み、勝利に導いた。


戦評

  千葉が競り勝った。前半5分に南昇佑が相手パスを奪って先制。攻めきれず前半終了間際に追い付かれると、後半もゴールが遠かったが、35分に大塚がこぼれ球に詰めて勝ち越した。東京Vはサイドから好機をつくったが、4戦勝ちなし。


  • LINEで送る