きょう大分と昇格PO決勝

 J2千葉は23日午後1時から、J1昇格の残り1枠を懸けたプレーオフ決勝で、大分と国立競技場で対戦する。昨季FC東京で昇格を経験し、今季途中に“切り札”として千葉へ2季ぶりに復帰したMF谷沢は、先制点の重要性をあらためて強調した。

◆谷沢「先制点狙う」
 チームは決戦を控えた22日、約1時間の軽めの調整を行った。谷沢は「最近点が取れていないので、イメージだけでもしておこう」と全体練習後も居残りでシュート練習。「先に点を取れれば楽になる」と右足の精度を高めた。

 最後の得点は、くしくもホームで敗れた10月14日の大分戦。「何とかなる」が居残り練習の手応えだが、いい緊張感で臨む本番でイメージ通りのゴールが決まれば、4季ぶりの悲願はぐっと近づく。

◆一つになって切符つかむ 木山監督が前日会見
 両チームの監督らが22日、東京都内で記者会見し、千葉の木山監督は「チームの状態は非常にいい。一つになって、J1に戻る切符をつかみたい」と自信を示した。



  • LINEで送る