八千代など準々決勝へ 全国高校サッカー県大会

  • LINEで送る

 第90回全国高校サッカー選手権県大会決勝トーナメントが29日、県総合スポーツセンター東総運動場などで始まり、1回戦4試合を行い、市船橋、八千代松陰、八千代、流通経大柏が準々決勝に進んだ。

 県総体優勝の市船橋は杉山、和泉が2得点し4-0で幕張総合に快勝。八千代松陰は2-0で千葉日大一を、八千代は4-2で専大松戸を下した。2年連続の全国を狙う流通経大柏は古波津の2ゴールで千葉国際に2-1で逆転勝ちした。

 ▽1回戦(東総運動場ほか)

市船橋 VS  幕張総合
 4 1 前半 0  0
3 後半 0
 ▽得点者【市】杉山2、和泉2

八千代松陰 VS 千葉日大一
 2 0 前半 0  0
2 後半 0
 ▽得点者【八】椛嶋、松島

八千代 VS 専大松戸
 4 1 前半 0  2
3 後半 2
 ▽得点者【八】石堂、大塚2、佐川【専】増山、野々下

流通経大柏 VS 千葉国際
 2 1 前半 1  1
1 後半 0
 ▽得点者【流】古波津2【千】菊島