苦しんで決勝進出 高校サッカー千葉県大会 流経柏

  • LINEで送る

 流通経大柏の本田裕一郎監督は苦笑いした。「じれったいゲーム。選手たちは金縛りに遭ったみたいに動けていなかった」

 原因は「コミュニケーション不足」と古波津辰希。全国4強入りした昨年も主力だったチームの心臓は「みんな緊張していた。自分一人が声を掛けても限界がある」。後半4分に古波津のゴールで2点差としたが、オウンゴールで失点。以後も相手の猛攻にヒヤリとする場面は多く、CBの岩島広樹は「跳ね返せてもセカンドボールを拾えなかった」と反省した。