市船橋・攻撃に自信 流経大柏・連覇狙う 千葉県高校サッカーあす決勝

  • LINEで送る

 第90回全国高校サッカー選手権県大会は26日、午後1時から柏の葉公園総合競技場で市船橋-流通経大柏の決勝を行う。両校の対戦は2年連続。市船橋は3大会ぶり18度目、流通経大柏は2大会連続4度目の全国大会出場を目指す。

 市船橋の朝岡隆蔵監督は「理解度が高く、状況に応じた試合運びができる」と選手に絶対的な信頼を置く。昨年度は全国総体を制し、日本一の称号を得ながら、ライバル流通経大柏には4連敗を喫した。だがことしのチームに苦手意識はない。

 迎え撃つ昨年覇者の流通経大柏・本田裕一郎監督は「ことしは全国制覇を狙えるチーム」と豪語する一方で「ゲームに入るとよくない」と首をかしげる。全国リーグなどを数多くこなす一方、一発勝負のトーナメント戦では慎重さが目立ち、ここまでは生き生きとしたプレーが発揮しきれていない。

 今季の対戦は県総体決勝の1度。この時は2-2からのPK戦で、和泉をけがで欠いていた市船橋が勝利した。しかし流通経大柏も古波津辰希、宮本がU-18日本代表候補合宿で不在(古波津はけがで辞退)だった。全国有数の激戦区で頂点をつかむのはどちらか。最終決戦で真の王者を争う。