“3度目の正直”流経柏×守備の隙を突く市船橋 あす決勝 高校サッカー県大会

  • LINEで送る

 第92回全国高校サッカー選手権県大会決勝トーナメント最終日は17日、午後1時5分からゼットエーオリプリスタジアムで市船橋-流通経大柏の決勝を行う。両校の顔合わせは2大会ぶり。今年は全国総体、県総体の両決勝でも対戦しており、いずれも市船橋が勝利している。市船橋は2大会ぶり19度目、流通経大柏は3大会ぶり4度目の全国大会出場を目指す。

 市船橋の磐瀬剛主将は「技術力が高い。青木亮太を中心に個人の能力が高い」と流通経大柏を警戒するが、「相手の守備の隙をつく」と意気込む。

 流通経大柏の本田裕一郎監督は「今年は2回負けている。工夫が必要。市船橋は勝ち方を知っている」と語る。石田和希主将も「借りを返す」と誓った。