木総合 8強逃す 第95回全国高校野球選手権大会

  • LINEで送る

 第95回全国高校野球選手権大会第11日は18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦4試合を行い、本県代表の木更津総合は富山第一に0-8で敗れ、夏の甲子園初の8強入りを逃した。

 木更津総合は一回に先頭の東龍弥が二塁打を放ったが相手捕手の好けん制で先制機を逃し、三回は相手の2失策や四球などで1死満塁としながら打線がつながらず、四、五回にも得点圏に走者を進めながら得点できなかった。六回にここまで好投してきた笈川翔太が捕まり2失点、2番手那須悠太も1点を失った。

 その後も木更津総合は相手エースを崩せず、逆に投手陣が九回に打ち込まれ5点を失い力尽きた。