木更津総合、あす初戦 両校監督が意気込み 監督対談

  • LINEで送る

 大会第4日の第1試合で対戦する木更津総合(2年連続4度目)と長野代表・上田西(初出場)。甲子園開幕日に、五島卓道と原公彦の両監督が対談。相手の印象や試合の鍵などを聞いた。初戦はあす11日午前8時から。

 -チームの仕上がりは。
 五島監督 慣れない行事が続く中で、よく体調を整えている。本番までに、どこまで持って行けるか。

 原監督 組み合わせが決まる前に説教をして、浮ついた気持ちを抑えた。相手が決まって、やっと気持ちが乗ってきた。

 -相手の印象は。
 五島監督 投手を中心とした守りの野球をするチーム。

 原監督 激戦区を勝ち抜いてきた代表なので強いのは間違いない。チャンスでの集中打が印象的。

 -警戒する相手選手は。
 五島監督 どのチームもそうだが、1番とクリーンナップは当然ながら注意する。

 原監督 1、2年生を乗せないようにしたい。特に1年生の選手(桧村)が調子がいいよう。乗せないようにすることが必要。

 -自チームのキーマンは。
 五島監督 大事なゲームになればなるほどエースとクリーンナップが活躍しないと。期待するならそういうところ。

 原監督 1番、4番が仕事するのは当たり前。下位の大塚、宮沢が本来の力を取り戻してくれれば。投手は3人とも信頼しているので、それなりのゲームはつくれる。