走者背負ってから真骨頂 市船橋・塚口

  • LINEで送る

 市船橋は、エース塚口大樹が1失点完投。毎回のように走者を背負う苦しい投球だったが、持ち前の粘り強さを発揮し、1点差ゲームをものにした。桜内剛監督は「ある意味、あれが彼の持ち味。チームも慣れている」と独特の表現で右腕をねぎらった。

 いきなり先頭打者に二塁打を浴びたが、ここからが背番号1の真骨頂。次打者をフルカウントから空振り三振で切ると、中軸2人も外野飛球に仕留めた。受ける2年生捕手、加藤岳は「動揺しないで、一つずつアウトを取るだけ」と何食わぬ顔で振り返った。