藤浪攻略へ最後の仕上げ あす、大阪桐蔭戦

  • LINEで送る

 甲子園初戦を2日後に控えた木更津総合ナインは11日、鳴尾浜臨海公園球場で仕上げの調整を行った。大阪桐蔭との対戦が決まってから続けてきた相手エース藤浪晋太郎の速球対策も佳境。この日はマシンの高速スライダーにも目を慣らした。7番を打つ2年生・逆井将は速球に対応するため、フォームの無駄を省こうと工夫。取り組みが功を奏し「いままでは速いボールに差し込まれていたのに、芯に当たるようになった」と自信をつけた。

 「出塁すれば、上位には頼もしい先輩がいる」。力むのではなく、力を抜いて初戦の打席に立つ。