チーム成長の立役者 木更津総合主将・国広 夏の高校野球千葉大会 最終日

  • LINEで送る

 「つらい時にも応援してくれた人たちの思いがつまった重みを感じる」。木更津総合主将の国広拓人は優勝旗を握りしめて言った。

 2年の昨夏は二塁手として出場した。「言ったことをすぐ理解できる頭のいい子。チームの中心にいてほしかった」と五島卓道監督の方針で、小・中学校と慣れ親しんだ捕手に戻った。

 「このチームを引っ張りたい」。新チーム発足後、自然と仲間をリードする存在となり、監督から指名される前に主将を志願した。

 「元気」「全力疾走」「考えて行動」をテーマにした“木更津総合野球の完成”へ、冬場の練習やミーティングで問題点を選手間で指摘。自らも主将として「元気や全力疾走は頑張ればできるはず」と言い続けた。

 甲子園を決めた勝利。好リードと、2安打1打点の活躍だったが「気持ち、技術面で完璧ということはない。もっと突き詰めたい」。成長し続けるチームの先頭に立ち、全国の頂点を狙うつもりだ。