三度目の正直で雪辱 木更津総合 夏の高校野球千葉大会 第12日

  • LINEで送る

 木更津総合ナインには、絶対に負けられない理由があった。相手は昨秋、今春の県大会でいずれも延長の末に敗れた松戸国際。主将の国広拓人は「1年間に三つしかない大会で、二つ負けた。同じ相手にまた負けるわけにはいかなかった」と特別な感情を表した。

 ミスで先制点を与えた直後の二回、下位打線が一気に畳み掛けた。四球と秋庭豪太の中前打で1死一、三塁をつくると、6番逆井将が左中間に逆転の2点二塁打。8、9番も続く4連打で、強引に流れをつかんだ。

 松戸国際は右のエースを降ろし、2番手の左腕をマウンドに上げた。過去2度の対戦でもこの継投策は経験済みで、前日も両投手を想定した打撃練習を行い打ち崩すイメージはできていた。

 四回だった。2死一、二塁で打席に立った2番杉崎弘起が2球目の直球を振り抜くと、打球は左翼席に飛び込む3ランに。後半勝負に持ち込みたかった松戸国際の石井忠道監督は「1-4のまま競れればうちのペースかなと思ったけれど…」とこの一発の重さを強調した。