5回のスクイズ、重圧払う 柏日体 夏の高校野球千葉大会 第12日

  • LINEで送る

 同点の五回に迎えた1死満塁の得点機。当初、柏日体の金原健博監督の頭にスクイズはなかった。だが、打席の中津連二郎と投手のタイミングが、どうも合っていない。2ボール2ストライク。「これは打てないな」

 最悪の併殺は避けたいところ。「それだったらファウルになって失敗しても2アウト。次の磯(隼人)に宝くじが残っているから」。流れを見て、スクイズのサインを送る。

 「来る」と思っていたのは打席の中津。1点を争う接戦での、このワンプレーの意味を知るからこそ「緊張した」。春の県大会後に同じ場面を想定した練習を行っていた。その成果か、中津は難なく犠打を成功させた。