松戸国際反撃も及ばず 相手の気迫に押され完敗 夏の高校野球千葉大会 第12日

  • LINEで送る

 石井忠道監督は開口一番、つぶやいた。「力負け。向こうが1枚も2枚も3枚も上だった」。リベンジに燃える木更津総合の底力に屈した松戸国際。ナインの誰もが口にした「相手の気迫がすごかった」というフレーズが、完敗を物語る。

 幸先の良い先制点も、先発の庭田草志が4連打を浴びて逆転を許し、早々とひっくり返された。昨秋、今春の勝利を「あれは偶然勝ったようなもの」と言い「相手打線は強力で、自分が駄目だった」と認めた。

 重くのしかかったのは四回の3点。石井監督は「痛かった。ああいうのを打てる選手がいるのは強い」と決定的な3ラン被弾を振り返る。打たれた2番手・重里優一は「狙った外角低めにいった。相手が上だったと思う」ときっぱり言った。

 打線もわずか3安打。なすすべがなかった。6番に打順を下げていた主砲の末岡陽佑は「球が速くて切れていて…。気持ちが球に乗っていた」と相手エースをたたえる。同時に「最後に松国野球ができた。悔いはない」と八回の2点を誇った。