終盤粘り6得点 西武台千葉 夏の高校野球千葉大会 第11日

  • LINEで送る

 試合後の応援席あいさつ。一歩前に出た犬飼剛主将が左手で胸を触り、ナインに大きく胸を張るよう促した。西武台千葉は終盤3イニングで6点を奪って延長戦に持ち込んだ。敗れはしたが、見事な粘りだった。

 原動力になったのが次の塁を狙う積極的な走塁。外野に打球が飛べば、誰もがスピードを緩めずダイヤモンドを駆け抜けた。2点を失いリードを広げられた八回も、先頭打者の栗田泰章が右中間への当たりで三塁を陥れたのが起点となり1点を返した。

 もう一つは気持ち。栗田は今春までエース岩間健太の女房役だった。「バッテリーを組んできたから、岩間を負けさせたくはなかった」。九回には中前への適時二塁打。1点差に迫り「自分たちは粘りの野球。出し切りました」と涙は見せなかった。