流れ呼んだ連続適時打 専大松戸・堀口 夏の高校野球千葉大会 第11日

  • LINEで送る

 専大松戸の堀口晃平が連続適時打で序盤の流れを呼び込んだ。

 二回の第1打席では内角を突く変化球を合わせて中前に落とし、二走の栗原洸をかえす先制打。「まず1本。栗原をかえせた」。盛り上がるベンチに一塁上からガッツポーズで応えた。

 相手の反撃を断ち切りたい思いで臨んだ三回の第2打席、今度は思い切り振り抜いた。いい手応えのあった打球は左中間を越えて適時二塁打に。