4強決まる 夏の高校野球千葉大会 第11日

  • LINEで送る

 第94回全国高校野球選手権千葉大会第11日は22日、県総合スポーツセンター野球場など2会場で準々決勝4試合を行い、柏日体が7-0で昨年の覇者・習志野を破り、松戸国際は4-3で中央学院との接戦を制してともに初の4強入りを果たした。

 木更津総合は延長十回、7-6で西武台千葉を下し、専大松戸は5-2で東海大浦安に快勝。木更津総合は4年ぶり14度目、専大松戸は2年ぶり3度目の準決勝進出。

 きょう23日は調整日で試合が無く、準決勝2試合は24日にQVCマリンフィールドで行われる。