守備で対抗、最後は笑顔 四街道 夏の高校野球千葉大会 第8日

  • LINEで送る

 四街道が1点を追う六回、5番大渡真之介の飛球でタッチアップを狙った三塁走者の佐々部優が、相手中堅手のノーバウンド返球に刺された。

 ここで1点奪えていれば、結果はどちらに転んでもおかしくなかったが、四街道ナインは「たら、れば」は言わなかった。「一番足が早い佐々部が刺されたんだから、仕方がない」。皆が口をそろえた。

 「とにかく一生懸命な、最高のチーム」と柴田仁史監督はAシード相手に善戦したナインをたたえた。この日は「3対2」で勝つことを目標とし、守備はその通り2失点に抑えた。