「大優勝旗持ち帰る」 習志野ナイン本社訪問

  • LINEで送る

 第93回全国高校野球選手権千葉大会を10年ぶりに制し8度目の甲子園出場を決めた習志野ナインらが28日、千葉日報社を訪れ、優勝報告と甲子園での活躍を誓った。

 制服姿に優勝メダルを下げた選手たちは越川均校長や小林徹監督、加瀬弘明部長らと来社。宮内和也主将が「千葉の代表として、深紅の大優勝旗を持って帰ってこられるように頑張ります」と、同校が2度目の優勝を飾った36年前の再現を誓った。

 赤田靖英本社社長は「一つ先の塁を確実にこつこつと狙う、持ち前の習志野野球の強さを発揮して頑張ってください」と激励した。