真っ向勝負、悔いなし 流通経大柏

  • LINEで送る

 打球が飛んだ右中間を見つめ、高橋俊がマウンド付近に膝を付けしゃがみ込んだ。終盤の同点劇も実らず、流通経大柏はサヨナラ負け。放心状態の2年生右腕に一塁手の中塚啓介が優しく駆け寄った。

 九回。いきなり先頭打者に三塁打を許した。無死三塁。絶体絶命のピンチでマウンドに集まったナインが確認したのは逃げずに真っ向勝負を挑むこと。「悔いが残らないようにやる。ストレートで行くぞ」(主将の片岡佑太捕手)。

 結果的に、次打者に初球のそれを鮮やかにはじき返されたが、この1球にはチームの戦う姿勢が詰まっていた。