9番打者が逆転打、4打点 東海大浦安・沢

  • LINEで送る

 東海大浦安の沢直人が逆転打を含む2安打4打点。「実感がないですね」と笑う初戦の第1打席以降安打のなかった9番打者が、チームを8強に導いた。

 1点を追う六回2死満塁、2ストライクと追い込まれてから外角の直球を狙い通り右翼線へ運ぶ逆転の2点適時打。「一、二塁間をぶち抜いてやろうと思った。理想のバッティング」。二回2死満塁で右飛に終わった悔しさをバットにぶつけ、一塁ベース上で思い切り右拳を突き上げた。

 七回2死一、三塁の場面でも右中間へ2点二塁打を放ち2打席連続適時打で貴重な追加点。安打が出ず打撃フォームの改良を試みたが、考え過ぎずに大きくテークバックを取るいつもの打撃に戻したことが奏功。単身赴任先の大阪から夜行バスで観戦に駆け付けた父・秀昭さん(48)に晴れ姿を見せることができた。