成田20年ぶり優勝 全国高校野球選手権 千葉大会最終日

  • LINEで送る

 第92回全国高校野球選手権千葉大会最終日は25日、千葉マリンスタジアムで決勝を行い、成田が1-0で東海大望洋を破り、1990年以来となる20年ぶり7度目の甲子園出場を決めた。

 試合は五回まで成田・中川諒、東海大望洋・長友昭憲の両エースによる投手戦となったが、六回に1死一、三塁から金子裕大が右前に適時打を放ち成田が1点先制。中川が1安打11奪三振の好投でこの1点を守り切った。東海大望洋の春夏連続甲子園出場はならなかった。

 全国大会は8月4日に大阪市で組み合わせ抽選会が行われ、7日に甲子園で開幕する。