春の大会の借り返す

  • LINEで送る

 東海大望洋が春の県大会でコールド負けを喫した専大松戸に雪辱。坂本拓弥主将は「春とは全然違うチームになっている」と胸を張った。

 専大松戸は先発メンバーに3年生が1人しかいない若いチーム。望洋ナインにとって、センバツから帰っての初戦で大敗したのはショックだった。「気持ちで負けていた。3年生にとっては許せない結果だった」と主将は振り返る。

 絶対負けられないと臨んだこの日、3年生が意地を見せて快勝した。「借りを返せたと思う」。

 一方、望洋の先発で唯一の2年生、岩堀智紀にとっても気持ちの入った試合だった。相手先発投手の林田かずなが中学時代に所属していたシニアのチームメートだったからだ。