好調の2年生が全打点 成田・木村、勝田

  • LINEで送る

 2年生のバットから成田の全打点がたたき出された。準々決勝に続き、6番の木村祐司と7番の勝田優斗がエース右腕を強力援護してみせた。

 まずは木村。1点を追う四回に緩い変化球を右中間に運び逆転の2点三塁打。「前の打席で突っ込んで引っかけていた。後ろに重心を残すようにした」。第1打席の反省を生かした会心の一打だった。

 勝田は六回、全力疾走で相手失策を誘った木村を一塁に置き、右翼ポール脇中段へ飛び込む一発。「ストレートを狙っていた」。打った瞬間にそれと分かる当たりで、手をたたいて歓喜。ホームイン後には木村と抱き合って喜んだ。