緩急つけ要所締める 成田・中川

  • LINEで送る

 ともに安打数は2けたに上り数字上は大差がない。しかし、スコアは7-3。それだけに一回に早々と先制点を許しながらも、その後は大崩れせずに3失点に抑えた成田・中川諒の力投が見逃せない。

 右の本格派を苦手にしない相手打線について「長打より、当ててくるという印象があった」とリードした捕手の近藤智椰。実際に一回、相手3番に中前へポトリと飛球を落とされピンチを招いた。だから、近藤は「ストレートだと間に落ちることが多い。変化球主体のリード」を心掛けていたという。