雪辱の舞台直球うなる 成田・中川

  • LINEで送る

 今大会屈指の右腕との呼び声が高い成田のエース、中川諒が初登板。キレのある直球で14の三振を奪い完封勝ちした。「昨年の雪辱を果たせた。最高にうれしい」と喜びをかみ締めた。

 特別な思いを抱いて迎えた試合だった。

 相手は昨夏5回戦で当たり、最終回に6点差をひっくり返され13対14で屈した千葉黎明。そのマウンドに当時、2年生の中川が立っていた。「この試合に照準を合わせて調整してきた」という“大一番”だった。

 悔しさをばねに飛躍を誓ったこの1年。ハードルをくぐり抜けて下半身を強化し、通常より100グラム重い球を投げて肩を鍛えた。精神面でも「昨年とはマウンドさばきが違う」と自己分析。この日もテンポよい投球術で流れを引き寄せた。

 最大のピンチは九回裏1死二、三塁と押し込まれた場面。「1年前の記憶が頭をよぎった」と苦笑いしたが、「絶対に抑える」と三振と邪飛で切り抜けた。

 尾島治信監督も熱い思いでこの一戦に臨んだ。「去年は去年のこと」との言葉とは裏腹に、「救援なんて考えなかった。中川と心中するつもりだった」と目を潤ませて喜んだ。

 中川は身長180センチ、体重80キロ。先輩の唐川侑己投手(千葉ロッテ)にあこがれ、自身もプロ入りを希望している。「次は頂点を狙いたい」。因縁の対決を制し、一気に開けた視界に目を向けた。