負けん気が勝利呼ぶ 習志野・山下

  • LINEで送る

 「失敗を『ちくしょう』と思って取り返すのが彼のいいところ」。習志野の小林徹監督は、この日のヒーローをそう評した。
 一回に挙げた4点の貯金は六回までに底を突いた。そして4-4で迎えた八回、高めの外角直球を左翼席へ運ばれ勝ち越しを許す。「いいバッターに、配球ミスをしてしまった」と山下斐紹。積み上げてきた捕手としての成果を、それ一つでふいにしてしまうのか-。

 「ちくしょう」。まさにその思いだった。裏の攻撃。無死二、三塁で打席に立った。「みんながチャンスをつくってくれた。どんな球でも打たなきゃいけない」。内角のスライダーを振り抜いた打球が中堅手を越える。「手応えがあった」。仲間のおぜん立てに報いる主将の一打は、逆転の2点三塁打になった。

 雪辱の舞台でもあった。相手は昨夏準決勝で対戦し、1-4で敗れた拓大紅陵。その試合でも2ランを浴びていた。「自分の責任で負けた」。誰よりも泣いていたのが、当時2年生の山下だった。「絶対同じ相手には負けちゃいけない」。試合前から「ちくしょう」の精神だった。