意地見せた主砲 八千代東

  • LINEで送る

 八千代東の4番・上條優太は次打者席で一心に願った。「おれまで回してくれ」。打席の高橋勝之に祈り続けたが、高橋が投ゴロに倒れ試合終了。力なく整列に加わった。

 五回に平凡な右飛を落球。「取り戻したかった」と七回無死三塁で回ってきた絶好機できっちりと同点の右犠飛を放った。県大会でたびたびピンチを救ってきた主砲の意地だった。