千葉黎明 執念の逆転劇 3長打でひっくり返す

  • LINEで送る

 自らを信じる気持ちと仲間への思い。その二つで結びついた千葉黎明ナインが、ここぞとばかりに一気呵成(かせい)に攻め立てた。

 3点差をつけられていた六回、2死満塁の好機で打席に立った竹下純平は集中力を高めた。「この時のために練習してきたんだ。絶対に勝つ」。力を込めて振り抜いた一打は右中間に落ちる二塁打。好スタートを切っていた一走の雨宮圭祐も頭からホームに生還、走者一掃で同点に追いついた。

 直後に1点勝ち越されたが、一度点火した打線の勢いは途切れなかった。左前打で出塁した小貫卓也を三塁に進め、打席には神木脩平。「やるしかない。なんとしても返す」。引っ張った打球は右翼手の頭を越える二塁打に。再び同点に追いついた。

 なおも2死三塁と好機は続く。「みんながつないでくれた。打つしかない」。大野真がフルスイングした打球は、仲間の思いを乗せて左中間を破った。ついに1点勝ち越し、三塁ベース上でスタンドに向かって右こぶしを突き上げた。