好機に一気 佐倉南快勝 自慢の長打力爆発

  • LINEで送る

 佐倉南は6安打で6得点。安打数は相手5本と大差がないだけに、三回に奪った4点が勝利の扉を開いた。

 平野勝敏監督が「長打力がある」と評した打線の中軸が力を発揮した。1死から小薮和希が死球で出塁。斎藤大峰も右前打で続き一、二塁の好機で4番の榎沢真吾が左越えの三塁打。2点を先制し流れをぐっとたぐり寄せると、鈴木麗雄も中犠飛を放ち加点。勢いは止まらず、指揮官が「7、8番を打っていたけど当たっていたので打順を上げた」と話した2年生の五十嵐健人が右翼ポール直撃の一発。相手エースを一気にKOした。

 五回に相手失策から五十嵐が中越えの三塁打を放つなど2点を追加。効率よく得点し、最後は継投で相手の反撃をしのいだ。エースでもある榎沢は「このチームは打撃のチーム」ときっぱり。「きょうみたいな形で先制点を取っていきたい」と次戦を見据えた。