千葉黎明 6点差を逆転 9回一気Bシード撃破

  • LINEで送る

 ドラマは九回に待っていた。「次につなげれば絶対に返してくれる」。6点差をつけられても千葉黎明にあきらめる選手は一人もいなかった。先頭の竹下純平が変化球を中前にはじき返すと、大逆転劇の幕が開けた。

 ここまで4安打の4番小貫卓也は「何点差でも負ける気がしない」と、5安打目を中前へ。2死四球、失策を絡めて1点差。2死二、三塁の大事な場面で代打に起用されたのは1年、織田大成だった。

 今大会初打席の織田。頭の中は「真っ白」。カウントは2-3。「来た球を打つだけ」とバットを一握り短く持ち直すと、外角直球を芯でとらえて左前に運び逆転の走者が生還。一塁上でガッツポーズをみせた。

 「おれの分も打て」。打席前、ベンチ入りできなかった3年生のお守りを受け取った。チームの思いをのせた逆転打を放った織田。「全員から『ありがとう』と言われ、うれしかった」と期待に応えた充実感を漂わせた。

 「選手の底力を見せてもらった。よくやった」と及川壮一郎監督。小貫は「春の県大会で成田に延長戦で負けた。雪辱へ気持ちが一つになっていた」。一戦一戦経験を積んだナインの一体感が、Bシード撃破の劇的勝利を呼んだ。