八千代東 競り勝ち4強 自信と“お守り”が味方

  • LINEで送る

 0-1で迎えた六回1死二、三塁。「2打席とも凡退していたので今度こそは」。八千代東の4番・上條優太はそう誓い、バットを振り抜いた。

 狙い通りの外角ストレートが来た。左翼へと豪快にはじき返し、二、三走とも生還し逆転。さらに、盗塁し暴投と後続打者のスクイズで上條も生還した。

 打席に立つ前には強烈なプレッシャーを感じていたが、強豪・東海大望洋を破った4回戦での同点ツーランホームランで身に付いた自信と、「絶好調」というコンディションが後押しした。

 だが最大の味方は、ガールフレンドのお手製の「不撓不屈(ふとうふくつ)」「勝」と刺しゅうされたお守り。毎試合ごと必ずポケットに忍ばせ、打席に立つときは握って気合いを入れている。

 手が届くところにまで来た甲子園への切符。「(準決勝に)いることが場違いなので…」と謙遜するが、「あまり先を考えず目の前の敵を倒す。ひたすらひたむきに自分たちの野球をやるだけ」と内なる闘志を燃やしている。