拓大紅陵16安打で快勝 打線つながり8得点

  • LINEで送る

 拓大紅陵打線が16安打8得点。終盤面白いように打線がつながり、小枝守監督は「食らいついてよく打った」とナインの活躍に目を細めた。

 2-2の八回。先頭の小茂鳥穣が四球で出塁、死球と安打で1死満塁とし、高橋弘樹の左前打で勝ち越すと、5番の相磯鷹人は四球を選び押し出しで加点。苦しむ相手右腕を攻めたてた。

 相磯はこの打席、右翼ポール際に大きなファウルを放っていたが、「気持ちを切り替えた」と、打ち気にならず冷静さを保ち追加点を呼び込んだ。次打者の加藤鉄平も2点右前打で続きこの回4点。打者9人で一気に畳み掛けた。