第91回全国高校野球選手権千葉大会 第14日

  • LINEで送る

 第91回全国高校野球選手権千葉大会第14日は25日、千葉マリンスタジアムで準決勝2試合を行い、八千代東が延長十一回5-4で流通経大柏を下し、拓大紅陵は春夏連続甲子園出場を狙った習志野を4-1で破り、決勝へ進出した。

 八千代東は3-4の九回、高橋の内野安打に相手失策がからみ同点に追い付き、その高橋が十一回に決勝打を放った。八千代東は決勝初進出。拓大紅陵は一回、城島の2ランで先制し、四、七回の好機に着実に加点。九回に無死満塁とされたが、堅守で1失点に抑えた。

 決勝は同球場で26日午後1時から。八千代東は初優勝を、拓大紅陵は7年ぶり6度目の優勝を目指す。