八千代東きょう初陣 初戦控え最終調整

  • LINEで送る

 初戦を控えた八千代東ナインは7日、甲子園での開会式リハーサル後に兵庫県伊丹市の住友総合グラウンドへ移動し、最後の調整を行った。

 午後1時から約1時間半、フリー打撃やノックを中心に軽めのメニューで汗を流した。快音を響かせていた4番の上條優太は「強い打球を打てている。調子はいい」と満足顔。エースの村上浩一は、捕手を座らせて直球やスライダーを中心に約30球の投げ込み。「4番の秋山君にはストレート勝負をしてみたい。自分の球を信じている」と自信に満ちた口調で意気込んだ。