第14日(2008/07/25)

  • LINEで送る

 ▽東大会決勝 千葉マリンスタジアム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海大望洋 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
木更津総合 0 0 0 0 0 1 1 0 X 2 6 1

(東)佐々木-常泉

(木)田中-地引

▽二塁打 地引(木)

 【評】木更津総合が後半の好機を生かし投手戦を制した。6回先頭の斎藤の右前打から2死二塁とし、地引の左翼線適時二塁打で先制。7回には田中の適時打で加点した。先発の左腕・田中は変化球が決まり5安打13奪三振完封。東海大望洋は先発佐々木が10三振を奪ったが、序盤の先制機を逸したのが響いた。