千葉経大付きょう浦添商と対戦 両エース、零封目指す 千経大付・斎藤 浦添商・伊波

  • LINEで送る

 千葉経大付は(西千葉)は10日、2回戦で浦添商(沖縄)と対戦する。互いに好右腕を擁し投手戦が予想される。千葉経大付・斎藤圭祐、浦添商・伊波翔悟の両エースに抱負を聞いた。

 ―初戦の投球を振り返って。
 斎藤 前半は低く決まったが後半になって浮いてしまった。もっと集中力を高めていきたい。

 伊波 最初から最後までしっかり低めに集められた。

 ―相手チームの印象は。
 斎藤 足が速い選手が多い。無駄な走者を出さないようにしたい。

 伊波 エース斎藤君を中心とした守りのチーム。1点1点が勝負になると思う。

 ―相手投手の印象は。
 斎藤 まっすぐが速い。細い体で速い球を投げてすごい。

 伊波 ストレートに球威があってスライダーの切れもいい。

 ―警戒する選手は。
 斎藤 1番の山城君。伊波君も打撃がいい。

 伊波 当たっている先頭の重谷君が要注意。

 ―どのような投球をしたいか。
 斎藤 左打者が多いのでツーシームをうまく使いたい。

 伊波 カットボール、スライダーを低めに集めたい。

 ―2回戦への抱負を。
 斎藤 無失点で抑えるのがエースの役割。完封にこだわりたい。無失点で抑えれば負けることはない。

 伊波 あまり点は取れないと思うので、最後まで零点に抑えたい。打撃ではワンチャンスを点につなげたい。